ジャケドロー グランセコンドが遂にスケルトンに!

待望のスケルトン

 

文字盤に8の字を描く、美しいデザインで定番人気の グランセコンド。

遂にスケルトンモデルがラインナップに加わりました。

現在、東京銀座のハイエックセンターのシャッターにこの新作が広告され、アイキャッチとなっています。

こちらにはジャケドローをはじめ、スイスのスウォッチグループ率いる、ブレゲ・ブランパン・グラスヒュッテオリジナル・オメガといった一流ブランドの直営店やサービスセンターあり、時計好きの聖地のようになっています。

銀座のハイエックセンター

 

ジャケドロー J003525540 グラン・セコンド スケルトン ワン セラミック
ジャケドロー J003525540 グラン・セコンド スケルトン ワン セラミック

シャッターに広告されているのがこのスケルトンモデル。
無骨なスケルトンとは一線を画す、繊細なブリッジです。

 

芸術的なローターとスケルトンのハーモニー

 

後ろに見えるレッドゴールドの半円リングはローターです。

メーカーのサイトの動画でこの優雅なローターの動きとスケルトンのハーモニーがご覧いただけます。(引用公式サイト)↓

https://www.jaquet-droz.com/ja/news/grande-seconde-skelet-one-ja

高額なスケルトンモデルでは、遮るローターのない手巻きタイプが多いので、ここまでローターをそぎ落とした自動巻きスケルトンは数が少ないです。

下の写真はヴァシュロンのクラシカルなスケルトン。こちらは、そぎ落とされたローターにマルタ十字が装飾されています。

ヴァシュロンコンスタンタン 43578/000G-9393(X43G1763) トラディショナル・スケルトン

ヴァシュロンコンスタンタン 43578/000G-9393(X43G1763) トラディショナル・スケルトン

8の字を描く文字盤

 

ジャケドロー J003033204 グラン・セコンド
ジャケドロー J003033204 グラン・セコンド

グランセコンドの定番と言えば、この滑らかなモデル。

エナメル文字盤の原料はいわゆるガラスのため、一般的に使用されている金属の文字盤より割れやすくデリケートですが、変色しにくいという利点があります。

高度な技術を要し、コストの高い材質ですが、陶器のような独特の透明感のあるエナメルにはファンが多く、エナメルコレクターのお客様もいらっしゃるほど。

インパクトのあるスケルトンと比較しますと控えめですが、オフセンター文字盤の第一人者、ジャケドロー流・空間の美学を体現している時計です。