【必見】時計のお手入れ忘れていませんか

時計を外したらまずお手入れを!

汗をかくシーズンになりました。

弊社に修理ご依頼の時計が届きますと、

時計とベルト部分のつなぎ目に汚れがたまり、サビが発生している。

という時計がとても多いです。

よい時計をお持ちの方にぜひお願いしたいのは、

1. 時計を外したら、特に肌と接する部分を、乾いた柔らかい布で拭いてください。

時計用のクロス、眼鏡拭きのような柔らかいものがベストですが、なければティッシュでも構いません。
なお、クロス類はマメに洗っておくことが大切。

2. その後、箱や引き出しにすぐ入れず、乾燥させてから、しまうようにします。

日常的には最低この2ステップを心掛けるだけでも時計の持ちが明らかに変わり、皮膚のかぶれ防止にもなります。

また、汚れがひどくなると、汗に含まれる塩分・水分により、酸化や錆が原因で、ベルトやブレスレットを留めているピンやネジが外れたり、脱落や取り外しが困難になることがあります。

汚れがひどくなった場合のお手入れについて

多くの時計には防水機能がついていますが、時計はもともと水には強くありませんので、時計ごと洗うのはおすすめしません。

ただ、汚れがひどくなった場合、可能な部分は水洗いをお勧めします。

ラバーストラップ:
ラバーストラップ

柔らかい歯ブラシなどを使って、水で薄めた中性洗剤や石鹸水で洗う。強くこするとキズが付くことがありますので要注意です。最後に良く水洗いをして通気性の良い所でよく乾燥させましょう。

 

金属のブレスレット:
金属のブレスレット

石鹸水等による水洗いがおすすめですが、防水機能がついていても、時計からブレスレットを外して行うのが安全。

工具の扱いに慣れていらっしゃる方なら、柔らかい歯ブラシなどを使い、ブレスレットのつなぎ目、留め金の内側など、汚れの溜まりやすい部分をお掃除してください。

真水ですすぎ洗いを行った後は、つなぎ目やコマの隙間に水分が残らないように乾いた布等で十分に拭き取り、必ずよく乾かしてからご使用ください。

革ベルトを長持ちさせるには

特に革ベルトは消耗品で、毎日着用すれば1年ほどで交換の時期となる方が大半ですが、外したら拭く、という簡単な習慣で、寿命が長くなります。

高級時計のメーカー純正ベルトは、高価です。

革ベルトを例に挙げれば、平均3~4万円程度ですが、ブランドにより7万円ぐらいのものもあります。

ぜひおためしを!

世界の時計市場サービス部