とにかく毎年話題になるミッレミリアです

2019年バーゼルワールド発表のショパール新作が早くも登場しました!

ショパール 168571-3004 ミッレミリア 2019 レース エディション 2019 世界限定1000本

 

ショパール 168571-3004 ミッレミリア 2019 レース エディション 2019 世界限定1000本
ショパール 168571-3004 ミッレミリア 2019 レース エディション 2019 世界限定1000本 販売価格:711,720 円(税込)

今年は、特にミッレミリアとショパールのパートナーシップ30周年を記念して製作されました。

特別感たっぷりのスタイリッシュな限定モデル。

スピード感溢れるサーキッドを想起させる2トーンの文字盤にダッシュボード風のカウンター。そして、エンジンのピストンをイメージしたプッシュボタン。

至る所にヴィンテージカーのデザインが取り入れられています。

ミッレミリアとは

ミッレミリア 出典:https://www.chopard.jp/mille-miglia-history/ 

ミッレミリア 出典:https://www.chopard.jp/mille-miglia-history/「ミッレミリア」とは、1927年から1957年の間にイタリアで行われた、カーレースの名前。

ショパールの公式サイトなどを見ますと、「ミッレ ミリア」のように、スペースが開けられているのは、イタリア語でMille=1000    Miglia=マイル  の意味だからです。

文字通り、イタリア全土・1000マイル走ることから名づけられました。

現在のミッレミリアは、ヴィンテージカーレースとなり、フェラーリ・ベンツクラスのスポンサーを抱え、毎年大々的に開催。

2019ミッレミリア
2019ミッレミリア 出典元: https://www.motori.it/

世界中で開催されるクラシックカーラリーでは最高峰とされ、また、「世界一美しいレース」と称されています。

ショパールは、時計・宝飾メーカーとして長年、このレースのスポンサーを務めており、毎年、ミッレミリアの新作(限定モデル及びレギュラーモデル)を発表し、車好き=時計好き たちを熱くさせています。

特にその年の限定モデルが話題となります。
また、限定モデルのデザインが、レギュラーモデルのスタイルに反映されることが多いです。

また、限定モデルの裏蓋には限定の刻印がなされるためソリッドバック(シースルーではないタイプ)仕様、そして、レギュラーモデルはシースルーバック仕様というパターンが多かったのですが、このところ、例外も増え、限定モデルにもシールスルーバックが存在するようになりました。

ちなみに、2019年の限定モデル、168571-3004は、ソリッドバック。限定本数の刻印、そして、ミッレミリアのロゴがデザインされています。

ショパール 168571-3004 ミッレミリア 2019 レース エディション 2019 世界限定1000本 ケースバック
ショパール 168571-3004 ミッレミリア 2019 レース エディション 2019 世界限定1000本 ケースバック

歴代のミッレミリア

 

さて、歴代のミッレミリアのモデルを見てみましょう。
下へ行くほど新しくなります。

歴代ミッレミリア
歴代ミッレミリア 出典元:https://www.chopard.jp/mille-miglia-history/

世界の時計市場では、最上段右側のモデルあたりから取り扱いをしていました。概ね17-20年前になります。

ミッレミリアのクロノグラフ、今は自動巻ですが、当時はクォーツが主流でした。

クォーツ・クロノグラフは、ムーブメントの構造上、クロノグラフのカウンターの配置が自動巻と異なるので、カウンター中心をが描く三角形が、自動巻より縦長になっているので、顕著にわかりますよね。

そして、歴代で際立って人気の高かったモデルに赤丸を付けてみたところ、・・・・やはり人気はシャープなベゼルのスタイリッシュなデザイン。

今年の新作、168571-3004も同系列のスタイルですので、かなりの人気となりそうな予感です。