ブレゲの型番徹底解説【その2】~文字盤編~

ブレゲ 9088BB/29/964DD0D クラシック・ムーンフェイズ レディ 9088

さて、【その1】に続き、文字盤部分を解説します!

ブレゲ 9088BB/29/964DD0D クラシック・ムーンフェイズ レディ 9088
ブレゲ 9088BB/29/964DD0D クラシック・ムーンフェイズ レディ 9088

 

文字盤

ブレゲの型番

左側:文字盤の表面を表します。この型番では2です。

0=イエローゴールドプレート、手彫り
1=シルバープレート、手彫り
2=エナメル
3=ローズゴールドプレート
4=ミネラル
5=マザーオブパール
6=シルバー、パヴェダイヤ付き
7=金属プレート、パヴェダイヤ付き
8=マザーオブパール、ダイヤ付き
9=ブラック

右側:文字盤の表示等を表します。この型番では9です。

E=英語表記
F=フランス語表記
G=ドイツ語表記
I=イタリア語表記
0=オープンワーク・スケルトン
1=秒針なし
2=秒針付き
5=ネオクラシック
8=秒針なし(アラビア数字)
9=秒針あり(アラビア数字)

ブレゲの型番
この型番は、エナメル文字盤、アラビア数字、秒針付きということになります。

また、「5=ネオクラシック」というのは、以前は下のような文字盤に使われていましたが、現在は、モデルのバリエーションが増え、例外もあるようです。
ブレゲ 5920BB/15/984 クラシック・ツインバレル
ブレゲ 5920BB/15/984 クラシック・ツインバレル

そして、文字盤の表示等を表す数字は、3,4,6,7もありましたが、現在はほぼ使用されていないためここでは省かせていただきました。

また、人気のトラディションシリーズなど、このルールを当てはめていないものもあります。

ブレゲ 7057BR/R9/9W6 クラシック トラディション
ブレゲ 7057BR/R9/9W6 クラシック トラディション

メーカー側でモデルの特定のために振っている数字なので、これは致し方ないといったところでしょう。

さて、続きはストラップやブレス部分です。

ブレゲの型番徹底解説【その1】モデルと材質編