300万円を切るトゥールビヨン

機械式時計の「世界三大複雑機構」の一つ、トゥールビヨンはブレゲの発明であることはよく知られています。

トゥールビヨン

出典元 https://www.breguet.com/

 

地球には重量があるがゆえ、身に着けることで、精度を担う部分が影響を受け、姿勢差による遅れや進みが生じます。

それを解消するために、精度を担うテンプ部分を回転させ、重力とのバランスをとり、精度を安定させる機構を開発。

「トゥールビヨン=渦」と名付けられました。

限られた熟練技師が多くの緻密な部品を用いて行う超複雑な組み立て作業。

また、キャリッジ(トゥールビヨンを入れる籠)や周りには手作業による、美麗な装飾が施されることが多く、完成までの期間も長くなります。

ブレゲ 3357BR/12/986 グランド コンプリケーション トゥールビヨン

このようなことから、トゥールビヨン搭載の時計は1,000万円を軽く超えるモデルがほとんど。

また、18金やプラチナといった貴金属をケースに採用するのが普通で、ステンレスやチタンなどのモデルは限られていました。

15年以上前ですが、一流どころでは、ブランパンの「2100」シリーズにステンレスのトゥールビヨンがありましたが、当時では、かなり珍しかったのを記憶しています。(ref. 2125)

出典元 ブランパン1999カタログ

 

そんな超高級時計と呼ばれる、雲上のトゥールビヨン搭載モデルですが、ここ何年かの間に、多くのブランドが、リシュモン、 スウォッチ、 LVMH 、ケリング、といった、ジュエリーや時計、ファッション界の世界の巨大グループに属することとなり、資本力を増強。

ムーブメント会社をも傘下に収め、各ブランド、自社製ムーブメントの開発が盛んになりました。

同じグループ内での技術の共有、また、共同開発ムーブメントの製作なども行われ、時計業界全体の技術が向上。

車業界とよく似ていますね。

そして、ここ数年、手の届く価格帯のトゥールビヨンが続々登場しています!

ユリスナルダン 1283-181-3/E3  マリーン トゥールビヨン

ユリスナルダン 1283-181-3/E3  マリーン トゥールビヨン

ユリスナルダン 1283-181/E0  マリーン トゥールビヨン

ユリスナルダン 1283-181/E0  マリーン トゥールビヨン

 

ユリスナルダンは、あの「フリーク」もいよいよお手頃価格で発売予定です。乞うご期待!