スケルトン・スケルトン・スケルトン

スケルトン仕様は、もともとスイス時計の伝統的な手法ですが、このところ、かなりの勢いで新作が登場しています。

文字盤を透明にし、ムーブメントを止める基盤をそぎ落とす、という作業をするのですが、内部が全てが見えてしまうので、部品ひとつひとつ磨きを書け、そぎ落とした部分には仕上げを施します。

熟練の技を必要とし、その労力がコストに結びつくため、スケルトンではない、同機能の時計と比較しますと高額になります。

修理の際も同様、メーカー以外の時計修理会社の中には、こういったスケルトン時計の修理はお断りというところもあります。

 

 

高額時計で有名なところでは、まずリシャールミル。

ブラックスケルトンの流行をリードしているといってもよいでしょう。

リシャール・ミル RM 029 オートマティック・ビッグデイト

 

コルムのゴールデンブリッジもインパクト大のモデルが続々登場。

コルム  B113/03010  ゴールデンブリッジ ラウンド

 

 

ユリスナルダンの新作も、その洗練されたデザインで人気が出そうです。また、トゥールビヨン機構ながら魅力的な価格帯です。

ユリスナルダン 1713-139 エグゼクティブ スケルトン トゥールビヨン