「IWC」カテゴリーアーカイブ

ユニセックスのパイロットウォッチ

IWC IW324010 パイロットウォッチオートマティック36

 

定番ブラックフェイスのパイロットウォッチ、36ミリユニセックスサイズが登場。

 IWC IW324010 パイロットウォッチオートマティック36
IWC IW324010 パイロットウォッチオートマティック36

販売ページはこちら

36ミリのサイズ感

世界の時計市場でIWCの「マーク」シリーズのお取り扱いを始めたのは、マークXII(マーク12)からでしたが、このサイズが36mでした。

それ以前に、イギリス空軍用に製作されたマークXI(マーク11)も同36ミリ。

現在はマークXVIII(マーク18)まで世代が進み、サイズも大きくなっていますが、欧米の体格とは異なる国では、まだまだ36-39ミリ程度のサイズは人気があります。

手首の細い方はもちろん、ビジネスシーンで袖口におさめるには重宝するサイズ感です。

IW324010 パイロット・ウォッチ・オートマティック 36 男性
男性 出典元:https://www.iwc.com/
IWC IW324010 パイロットウォッチオートマティック36 女性
女性 出典元:https://www.iwc.com/

メーカーでは女性の着用写真も出していることから、ぜひ女性にも!といったところでしょう。

たしかに女性のファッション誌などでも、IWCの他、ブライトリングやベル&ロスといったメンズ主流のブランドの大型パイロットウォッチをコーディネートした、辛口ファッション特集をしばしば見かけます。

デザインがシンプルなので、女性でも決まりそうですね。

ぜひお試しを!

世界の時計市場トップページはこちら

2針・3針【その1】

ムーブメントなど難しいことはさておき、時計はやはり見た目・デザイン・第一印象だ!というお声がなぜか多い今日この頃、どうぞ、肩の力を抜いてお読みいただければ幸いです。

 

時計好きの皆さまが1本は持ちたいと思う、シンプルな高級時計。

各ブランド、モデルチェンジがそれほど頻繁ではなく、また、ミニマムなつくりだからこそ、細部の仕上げには職人の手作業の技が光ります。

今日は、そんなモデルの中で、世界の時計市場のスタッフが、口を揃えて、これは美しい!という声が上がる時計をご紹介します。

ヴァシュロンコンスタンタン 81180/000R-9159(X81R7625)  パトリモニー

商品ページはこちら

ヴァシュロンコンスタンタン 81180/000R-9159(X81R7625)  パトリモニー
ヴァシュロンコンスタンタン 81180/000R-9159(X81R7625)  パトリモニー

文字盤の質感が最高に良く、2針のみのミニマリズムが何といっても魅力の手巻き時計。

パワーリザーブは40時間ほどなので、使い始めに手巻きをし、フルに巻き上げれば2日弱動き続けます。

約7mmの薄さで手首への負担もありません。また、径40ミリは、ドレスウォッチとして適度なサイズ感です。

オーソドックスなソリッドバックにピンバックル。肌に馴染むピンクゴールド。

世界三大時計ブランドに数えられるヴァシュロンを代表するクラシカルウォッチです。

ヴァシュロのクラシカルウォッチは、国際会議などに出席するエグゼクティブたちの腕によく見受けられます。

 

ジラールペルゴ 49555-52-132-BB60 “1966” 40MM

 商品ページはこちら

ジラールペルゴ 49555-52-132-BB60 “1966” 40MM

こちらは3針デイト・自動巻きです。リーフ型の針に、ブラックとアプライドを織り交ぜた繊細なインデックスが特徴。

ジラールペルゴ 49555-52-132-BB60 “1966” 40MM
ジラールペルゴ 49555-52-132-BB60 “1966” 40MM

ケースエッジ、針の仕上げなど、シンプルなだけに目につくものですが、そこは流石スイス機械式の老舗GP。

また、長めにデザインされたインデックスに都会的なセンスを感じさせます。

この1966シリーズでは、元仏大統領サルコジ氏がアニュアルカレンダー付きモデルを愛用。

 

IWC IW356504 ポートフィノ・オートマティック

商品ページはこちら

IWC IW356504 ポートフィノ・オートマティック
IWC IW356504 ポートフィノ・オートマティック

もちろん、IWCの18金ですので、100万円以上するのですが、一言で言えば、「高そうに見える!」時計です。

時計をはじめ、身に着けるものを選ぶ基準はそれがポイントだという方々もいらっしゃいますよね。

IWCは、「アイダブルシー」などと呼ばれますが、かつて「インター」と呼ばれていた頃からの根強いファンが大変多いブランドです。

また、6桁価格のステンレスモデルも多いため、年代層は本当に幅広いです。

IWC IW356504 ポートフィノ・オートマティック
IWC IW356504 ポートフィノ・オートマティック

ケースは10ミリ弱の厚さで薄型とまではいきませんが、3針デイトの自動巻では標準的と言えます。

やはり文字盤の質感です。ああ、きれいだな、いい時計だな、という印象。

 

今日は3点のみのご紹介ですが、まだまだ続きます!

 

 

 

 

レディースのムーンフェイズ付き時計

レディースのムーンフェイズ付き時計は女性ファッション誌でも特集が組まれるほど人気急上昇中。

月の満ち欠けを表示する複雑機構ですが、何といってもそのロマンティックなデザインが魅力です。

元々は機械式時計に搭載されることの多いムーンフェイズですが、日本人女性に人気のクォーツモデルにも、2017年新作が続々登場しています。

 

ハリーウィンストン AVCQMP16RR002 HWアヴェニューC ミニ ムーンフェイズ

 

 

ゼニス 16.2330.692/01.C714 エリート・レディ・ムーンフェイズ 33MM 

 

IWC IW459308 ダ・ヴィンチ オートマティック ムーンフェイズ 36

 

ボーム&メルシエ M0A10329 クラシマ レディ ムーンフェイズ(31.5mm)

ムーブメント振動音の聞き比べ。( 音声を ON にしてご覧ください。)

ムーブメント振動数の音の聞き比べ。

(音声を「ON」にしてご覧ください。)

<1>

18,000振動/時(2.5Hz)です。

 

モーリスラクロア/マスターピース・スクエアホイール

Ref:7158-SS001-101-1

自社製「ML156」は、HEARCと共同で開発し自社製造の手巻きムーブメントです。

四角い歯車とクローバー型の歯車がかみ合い回転する、その魅惑的な動きをするスモールセコンドが特徴です。

 

<2>

21,600振動/時(3Hz)です。

 

ブレゲ/トラディション

Ref:7027BB/G9/9V6

自社製の「507DR」は、2006年ブレゲ社が初めて開発したシリコン製のテンプと脱進機を搭載した手巻きムーブメントです。

 

 <3>

28,800振動/時(4Hz)です。(高速振動/ハイビート)

 

IWC/ポートフィノ・ハンドワインド・8デイズ

Ref:IW510103

新開発の「59210」手巻きの自社製ムーブメントです。

8日間のパワーリザーブ。192時間正確に作動するエネルギーを備えています。

現在時計業界で最も多く採用されている高速振動数です

 

 <4>

36,000振動/時(5Hz)です。(高速振動/ハイビート)

 

ゼニス/エルプリメロ・クロノマスター1969 ローリングストーンズ世界限定モデル100本

Ref:18.2041.4061/77.C494

自社製の「エル・プリメロ4061」自動巻ムーブメントです。

「エル・プリメロ4061」は、ゼニスの代名詞とも言われる“エル・プリメロ”、1969年に発表された、自動巻き一体型クロノグラフムーブメント「エルプリメロ1961」を基に製造開発されました。

高振動と50時間のロングパワーリザーブを有しています。

 

<5>

72,000振動/時(10Hz)です。(高速振動/ハイビート)

 

ブレゲ/クラシック・クロノメトリー

Ref:7727BB/12/9WU

自社製の「574DR」手巻きムーブメントです。

2013年に発表された「574DR」はダブルヘアスプリング、アンクル、ガンギ車などがすべてがシリコン素材で作られています。

時計に悪影響を及ぼす磁気を自在にコントロールできるマグネティックピボットが組み込まれています。

高振動とロングパワーリザーブ(60時間)を有しています。