「ショパール」カテゴリーアーカイブ

とにかく毎年話題になるミッレミリアです

2019年バーゼルワールド発表のショパール新作が早くも登場しました!

ショパール 168571-3004 ミッレミリア 2019 レース エディション 2019 世界限定1000本

 

ショパール 168571-3004 ミッレミリア 2019 レース エディション 2019 世界限定1000本
ショパール 168571-3004 ミッレミリア 2019 レース エディション 2019 世界限定1000本 販売価格:711,720 円(税込)

今年は、特にミッレミリアとショパールのパートナーシップ30周年を記念して製作されました。

特別感たっぷりのスタイリッシュな限定モデル。

スピード感溢れるサーキッドを想起させる2トーンの文字盤にダッシュボード風のカウンター。そして、エンジンのピストンをイメージしたプッシュボタン。

至る所にヴィンテージカーのデザインが取り入れられています。

ミッレミリアとは

ミッレミリア 出典:https://www.chopard.jp/mille-miglia-history/ 

ミッレミリア 出典:https://www.chopard.jp/mille-miglia-history/「ミッレミリア」とは、1927年から1957年の間にイタリアで行われた、カーレースの名前。

ショパールの公式サイトなどを見ますと、「ミッレ ミリア」のように、スペースが開けられているのは、イタリア語でMille=1000    Miglia=マイル  の意味だからです。

文字通り、イタリア全土・1000マイル走ることから名づけられました。

現在のミッレミリアは、ヴィンテージカーレースとなり、フェラーリ・ベンツクラスのスポンサーを抱え、毎年大々的に開催。

2019ミッレミリア
2019ミッレミリア 出典元: https://www.motori.it/

世界中で開催されるクラシックカーラリーでは最高峰とされ、また、「世界一美しいレース」と称されています。

ショパールは、時計・宝飾メーカーとして長年、このレースのスポンサーを務めており、毎年、ミッレミリアの新作(限定モデル及びレギュラーモデル)を発表し、車好き=時計好き たちを熱くさせています。

特にその年の限定モデルが話題となります。
また、限定モデルのデザインが、レギュラーモデルのスタイルに反映されることが多いです。

また、限定モデルの裏蓋には限定の刻印がなされるためソリッドバック(シースルーではないタイプ)仕様、そして、レギュラーモデルはシースルーバック仕様というパターンが多かったのですが、このところ、例外も増え、限定モデルにもシールスルーバックが存在するようになりました。

ちなみに、2019年の限定モデル、168571-3004は、ソリッドバック。限定本数の刻印、そして、ミッレミリアのロゴがデザインされています。

ショパール 168571-3004 ミッレミリア 2019 レース エディション 2019 世界限定1000本 ケースバック
ショパール 168571-3004 ミッレミリア 2019 レース エディション 2019 世界限定1000本 ケースバック

歴代のミッレミリア

 

さて、歴代のミッレミリアのモデルを見てみましょう。
下へ行くほど新しくなります。

歴代ミッレミリア
歴代ミッレミリア 出典元:https://www.chopard.jp/mille-miglia-history/

世界の時計市場では、最上段右側のモデルあたりから取り扱いをしていました。概ね17-20年前になります。

ミッレミリアのクロノグラフ、今は自動巻ですが、当時はクォーツが主流でした。

クォーツ・クロノグラフは、ムーブメントの構造上、クロノグラフのカウンターの配置が自動巻と異なるので、カウンター中心をが描く三角形が、自動巻より縦長になっているので、顕著にわかりますよね。

そして、歴代で際立って人気の高かったモデルに赤丸を付けてみたところ、・・・・やはり人気はシャープなベゼルのスタイリッシュなデザイン。

今年の新作、168571-3004も同系列のスタイルですので、かなりの人気となりそうな予感です。

 

ショパール ハッピースポーツのヒストリー 【まとめ】

ショパール ハッピースポーツのモデルチェンジ ヒストリー
ショパール ハッピースポーツのモデルチェンジ ヒストリー

Ref. 27/8250-23 (第一世代)
Ref.278509-3002(第一世代)
Ref.278573-3002(第三世代)

さて、先に書きました各世代別の特徴ですが、こうやって見ると、ベゼルやブレスレットの曲線使いの変化がよくわかりますよね。

第一世代は既に入手ができませんが、第二世代は、モデルによりまだお手配可能なものがございます。

お探しの方は是非お問い合わせください。

 

いつの時代も幅広い年代層の女性に愛されるハッピースポーツ。

初めてモデルが発表されたのが1993年。

この数十年の間、街ゆく女性のファッションはカジュアル化が進み、ファッションに関する考え方も成熟。

まさにハッピースポーツもそのトレンドに追随するように変化を遂げています。

ハリウッド女優にも多数の顧客を持ち、マニュファクチュールとして長い歴史を持つショパール、今後もモデル展開が楽しみです。

ショパールの商品ページはこちら

 

ショパール ハッピースポーツのヒストリー その3 【第三世代】

最後に、現行モデルの第三世代。

2015年頃より登場しました。

驚かされたのはクォーツのみだったハッピースポーツに、ついに自動巻が加わったことです。

世界的な機械式時計の需要の高まりを反映しています。

ショパール ハッピースポーツ オートマティック シースルーバック
ショパール ハッピースポーツ オートマティック シースルーバック

しかし、クォーツ発祥の地である日本。

そのせいもあってか、特に女性はどちらかと言うと、手軽なクォーツを好む方が多いです。

が、せっかくのスイス時計、この機会に価値ある機械式時計にトライ、というお客さまもいらっしゃいました。

ただ、ロレックスの自動巻に慣れていらっしゃる方には抵抗なく、ご使用いただいているようですね。

ショパール ハッピースポーツ 第三世代

ショパール ハッピースポーツ 第三世代

 

外観は、第二世代よりも曲線が多く、シルエットは第一世代と第二世代を合わせたようなラインです。

文字盤には高級感のあるギョウシェ彫りを施したものが最初に登場。

カジュアルさと高級感を併せ持っています。

今やバリエーションも増え、材質によりマザーオブパールの文字盤、そして、クォーツも登場。

 

ハッピースポーツの商品ページはこちら

続きを読む ショパール ハッピースポーツのヒストリー その3 【第三世代】

ショパール ハッピースポーツのヒストリー その2 【第二世代】

さて、ハッピースポーツ【第二世代】 といえば、こちらが定番。

ハッピースポーツ第二世代
ハッピースポーツ第二世代

カーブ面のみでデザインされていた第一世代から、エッジを強調した、よりカジュアルなスタイルに一新!

大きなモデルチェンジで、当初は旧モデルを探す女性が圧倒的に多かったため、リクエストにお応えすべく日々「お探し作業」を行っていました・・・。

しかし、ファッション業界の常、メーカーでは時代のトレンドを先取りデザインをしますので、やはり、徐々に皆さまに受け入れられ、ショパールの一番人気に。

フェイスはつくりが大きく、美人顔ですね。

ショパール ハッピースポーツ 第二世代
ショパール ハッピースポーツ 第二世代

 

そして、この世代には、ショパールのサプライズ、ミッキーが登場しました!

ショパール ミッキー
ショパール ハッピースポーツ ミッキー

現行のショパール・ハッピースポーツはこちら

続きを読む ショパール ハッピースポーツのヒストリー その2 【第二世代】

ショパール ハッピースポーツのヒストリー その1 【第一世代】

世界の時計市場で人気のブランドの一つ、ショパール。

中でも、カジュアルシーンでも着用しやすい「ハッピースポーツ」は一番の人気。

1993年に発表されたハッピースポーツは、風防の間にダイヤモンドを入れるという画期的なデザインで、大ヒット。

瞬く間に定番となりました。

ハッピースポーツ第一世代

ハッピースポーツ第一世代 ムーン&スター

こちらが第一世代のデザインです。

どこから見ても、なめらかなカーブですね。

フェミニンで、幅広い年代の女性からご購入をいただきました。

定番型に、ラウンドダイヤにムーン・スターといったモチーフものをセミオーダーで追加をするようなサービスもあり、マイ・ショパールがつくれる!ということでかなりの人気に。

その後、メーカーの方針が変わり、追加が可能なのは購入時のみとなりました。

今では都度確認が必要となります。

コンビがとても人気で、やはり日本人女性は手首が細いので、小さいサイズをお求めの方が圧倒的に多かったですね。

ハッピースポーツ 第一世代
ハッピースポーツ 第一世代

レディースの機械式時計

クォーツ発祥の国、日本では、特に女性には手軽なクォーツ時計が人気ですが、世界的に時計大好き女子が好むのは機械式。

 

機械式時計のお膝元、スイスやドイツは女性の体格も我々アジアとは大きく異なることもあり、メンズライクな機械式時計をデイリーに身に着けている女性を多く見かけます。

2016年、2017年の新作は、細い方でも手首への負担なく着用できる小さめサイズの機械式が続々登場。

元々、マニュファクチュールであるショパールからは、

 

インペリアーレ 29MM オートマティックhttps://www.lexson.co.jp/shopbrand/chopard_ladies_imperiale/

ハッピー スポーツ 30MM オートマティックhttps://www.lexson.co.jp/shopbrand/chopard_ladies_happysportauto/

 

キングオブダイヤモンド、ハリーウィンストンからは、

ミッドナイトシリーズ29ミリ、自動巻き。https://www.lexson.co.jp/shopbrand/harrywinston/

 

時計のトレンドを引っ張るカルティエにもレディースの機械式が次々と登場していることから、現在、本流となっているのは間違いありません。

 

 

ワールドタイマー

ワールドタイム表示機能を備えた時計。

グローバル時代を象徴するかのようにここ数年でとにかく増えました。

スマホのローミング機能が当たり前の今日この頃ですが、電波の届かないところでもチクタク働いてくれるアナログ時計が愛しく感じられます。

定番、パテックのワールドタイマー。新デザインは2トーンでメリハリのある文字盤。

続いてはヴァシュロン。スポーツモデル、オーヴァーシーズでは初のワールドタイムです。

そしてブレゲ。従来の世界地図モチーフの文字盤に加え、小窓に都市名を表示させるタイプが新たに登場。

 

大人のマリーンカジュアル、コルムのアドミラルズ からもついに登場。

 

ショパールの最高峰、LUCからもクールなワールドタイマーがでました。

最後に、伝統のスイス機械式時計をお手頃価格で提供するフレデリックコンスタントの新作ワールドタイマー。