「ブレゲ」カテゴリーアーカイブ

300万円を切るトゥールビヨン

機械式時計の「世界三大複雑機構」の一つ、トゥールビヨンはブレゲの発明であることはよく知られています。

トゥールビヨン

出典元 https://www.breguet.com/

 

地球には重量があるがゆえ、身に着けることで、精度を担う部分が影響を受け、姿勢差による遅れや進みが生じます。

それを解消するために、精度を担うテンプ部分を回転させ、重力とのバランスをとり、精度を安定させる機構を開発。

「トゥールビヨン=渦」と名付けられました。

限られた熟練技師が多くの緻密な部品を用いて行う超複雑な組み立て作業。

また、キャリッジ(トゥールビヨンを入れる籠)や周りには手作業による、美麗な装飾が施されることが多く、完成までの期間も長くなります。

ブレゲ 3357BR/12/986 グランド コンプリケーション トゥールビヨン

このようなことから、トゥールビヨン搭載の時計は1,000万円を軽く超えるモデルがほとんど。

また、18金やプラチナといった貴金属をケースに採用するのが普通で、ステンレスやチタンなどのモデルは限られていました。

15年以上前ですが、一流どころでは、ブランパンの「2100」シリーズにステンレスのトゥールビヨンがありましたが、当時では、かなり珍しかったのを記憶しています。(ref. 2125)

出典元 ブランパン1999カタログ

 

そんな超高級時計と呼ばれる、雲上のトゥールビヨン搭載モデルですが、ここ何年かの間に、多くのブランドが、リシュモン、 スウォッチ、 LVMH 、ケリング、といった、ジュエリーや時計、ファッション界の世界の巨大グループに属することとなり、資本力を増強。

ムーブメント会社をも傘下に収め、各ブランド、自社製ムーブメントの開発が盛んになりました。

同じグループ内での技術の共有、また、共同開発ムーブメントの製作なども行われ、時計業界全体の技術が向上。

車業界とよく似ていますね。

そして、ここ数年、手の届く価格帯のトゥールビヨンが続々登場しています!

ユリスナルダン 1283-181-3/E3  マリーン トゥールビヨン

ユリスナルダン 1283-181-3/E3  マリーン トゥールビヨン

ユリスナルダン 1283-181/E0  マリーン トゥールビヨン

ユリスナルダン 1283-181/E0  マリーン トゥールビヨン

 

ユリスナルダンは、あの「フリーク」もいよいよお手頃価格で発売予定です。乞うご期待!

 

アンダー40ミリ。

大型化する一方だった時計も、近年、紳士の40ミリ以下のモデルが続々登場しており、特に日本を中心としたアジア市場では新たなトレンドとなっています。

 

ジャケドロー J006010270 グラン・セコンド オフセンター オニキス (39mm) 

スマートなドレスウォッチ。小さめがお洒落です。

ブレゲ 5177BR/15/9V6 クラシック 5177(38mm)

定番ブレゲのクラシック。このサイズなら一生もの。

ジラールペルゴ  81005-11-431-11A  ロレアート38MM

スポーツモデルにも38ミリ。着用感もよく、実用的です。無理のないサイズでほどよい主張がお洒落。

 

 

ムーブメント振動音の聞き比べ。( 音声を ON にしてご覧ください。)

ムーブメント振動数の音の聞き比べ。

(音声を「ON」にしてご覧ください。)

<1>

18,000振動/時(2.5Hz)です。

 

モーリスラクロア/マスターピース・スクエアホイール

Ref:7158-SS001-101-1

自社製「ML156」は、HEARCと共同で開発し自社製造の手巻きムーブメントです。

四角い歯車とクローバー型の歯車がかみ合い回転する、その魅惑的な動きをするスモールセコンドが特徴です。

 

<2>

21,600振動/時(3Hz)です。

 

ブレゲ/トラディション

Ref:7027BB/G9/9V6

自社製の「507DR」は、2006年ブレゲ社が初めて開発したシリコン製のテンプと脱進機を搭載した手巻きムーブメントです。

 

 <3>

28,800振動/時(4Hz)です。(高速振動/ハイビート)

 

IWC/ポートフィノ・ハンドワインド・8デイズ

Ref:IW510103

新開発の「59210」手巻きの自社製ムーブメントです。

8日間のパワーリザーブ。192時間正確に作動するエネルギーを備えています。

現在時計業界で最も多く採用されている高速振動数です

 

 <4>

36,000振動/時(5Hz)です。(高速振動/ハイビート)

 

ゼニス/エルプリメロ・クロノマスター1969 ローリングストーンズ世界限定モデル100本

Ref:18.2041.4061/77.C494

自社製の「エル・プリメロ4061」自動巻ムーブメントです。

「エル・プリメロ4061」は、ゼニスの代名詞とも言われる“エル・プリメロ”、1969年に発表された、自動巻き一体型クロノグラフムーブメント「エルプリメロ1961」を基に製造開発されました。

高振動と50時間のロングパワーリザーブを有しています。

 

<5>

72,000振動/時(10Hz)です。(高速振動/ハイビート)

 

ブレゲ/クラシック・クロノメトリー

Ref:7727BB/12/9WU

自社製の「574DR」手巻きムーブメントです。

2013年に発表された「574DR」はダブルヘアスプリング、アンクル、ガンギ車などがすべてがシリコン素材で作られています。

時計に悪影響を及ぼす磁気を自在にコントロールできるマグネティックピボットが組み込まれています。

高振動とロングパワーリザーブ(60時間)を有しています。

ワールドタイマー

ワールドタイム表示機能を備えた時計。

グローバル時代を象徴するかのようにここ数年でとにかく増えました。

スマホのローミング機能が当たり前の今日この頃ですが、電波の届かないところでもチクタク働いてくれるアナログ時計が愛しく感じられます。

定番、パテックのワールドタイマー。新デザインは2トーンでメリハリのある文字盤。

続いてはヴァシュロン。スポーツモデル、オーヴァーシーズでは初のワールドタイムです。

そしてブレゲ。従来の世界地図モチーフの文字盤に加え、小窓に都市名を表示させるタイプが新たに登場。

 

大人のマリーンカジュアル、コルムのアドミラルズ からもついに登場。

 

ショパールの最高峰、LUCからもクールなワールドタイマーがでました。

最後に、伝統のスイス機械式時計をお手頃価格で提供するフレデリックコンスタントの新作ワールドタイマー。