時計の常識4| 世界の時計市場|日本レクソン株式会社





インターネット通販において、 法令を遵守して適正な取引を行う事業者の証として公益社団法人 日本通信販売協会より付与されたマークです。




 

1.自動巻き時計の常識
2.磁気による時計への影響とその他注意点
3.よくある質問 Q&A
4.クロノグラフの常識
5.お手入れについて
6.手巻き時計について
7.クウォーツ時計について
クロノグラフについて
クロノグラフのボタン操作は、強めにきちんと最後まで一瞬に押し込んでください。
クロノグラフは本来、秒単位の時間を計測するためのもですので、クロノグラフのボタンはかなりの早さで一瞬に押し込む
動作に対応するように設計されています。
ボタンを一瞬に押し込まず、ゆっくり押し込んだりしますと、誤作動を起こしたり、故障の原因になります。
ショックを与えたり短時間に連続的にスタート・ストップ・リセットを繰り返し作動させないでください。
競技用やプロ仕様のストップウォッチのような設計にはなっておりません。
デザインを重視したものが大半で、クロノグラフの部分はかなりデリケートです。
機械の良い状態を維持する為には、耐久性なども考慮しまして、一般的に一日数回程度のご使用にとどめておいてください。
また、秒針代わりに使用しないでください。歯車に負担がかかり故障の原因となります。
クウォーツ時計に付いているクロノグラフを頻繁に使用しますと、非使用時と比較して約3倍〜8倍程度電池が消耗しましす。
クロノグラフを作動する場合は、通常の動作よりパワーを必要とします。
手巻きや自動巻き時計の場合は、リューズでゼンマイを十分に巻き上げて、十分なパワーのある状態で作動させてください。
パワー不足の状態ですと、誤作動を起こすことがあります。
クロノグラフの作動中に、時間合わせや日付あわせ、その他ボタン調節を行わないでください。
故障の原因となる場合があります。
時間合わせや日付あわせ、その他ボタン調節を行う場合は、作動中のクロノグラフを一旦停止させてから行ってください。
歯車の損傷の原因となる場合がありますので、時計を伏せて保管しないようにしてください。
1.自動巻き時計の常識
2.磁気による時計への影響とその他注意点
3.よくある質問 Q&A
4.クロノグラフの常識
5.お手入れについて
6.手巻き時計について
7.クウォーツ時計について

ページトップへ




Copyright (C) 1998-2017 日本レクソン株式会社. All Rights Reserved.
日本レクソン株式会社ロゴ
YouTube BLOGS FACEBOOK TWITTER WEIBO INSTAGRAM
▼こちらからも当サイト内が検索できます。