時計の常識1| 世界の時計市場|日本レクソン株式会社







インターネット通販において、 法令を遵守して適正な取引を行う事業者の証として公益社団法人 日本通信販売協会より付与されたマークです。




 

1.自動巻き時計の常識
2.磁気による時計への影響とその他注意点
3.よくある質問 Q&A
4.クロノグラフの常識
5.お手入れについて
6.手巻き時計について
7.クウォーツ時計について
自 動 巻 き 時 計 の 常 識
自動巻きなのに 気が付いてみると時計が止まっていた!!
ゼンマイを巻き上げるために手にもって左右や上下に振ったりしていませんか!?
自動巻き時計は、内蔵されたローターが日常の腕の動きで回転し、ゼンマイを巻き上げる仕組みになっています。
ご使用方法によっては、ゼンマイの巻き上げ不足が生じて、時計を駆動させるための十分な動力が得られず、その結果時計が停止したり、精度が乱れたりすることがあります。
安定した駆動力を機械部分に伝達するには、一日最低8〜10時間を目安に数日間連続してご使用ください。
日常、時計の装着時間が短い方や腕の動きの少ない方等は、ゼンマイの巻き上げ不足が生じますので、リューズでのゼンマイの巻き上げが必要になります。
特にお買い上げ直後や、ご使用を休止したり、一時停止した後にご使用される場合は、必ずリューズ(画像矢印部分)で巻き上げ方向に30回〜40回程度ゆっくり回して、ゼンマイを巻き上げてからご使用ください。
リューズで(画像矢印部分)ゼンマイを巻き上げる必要のあるご使用環境の場合は、一日の決まった時間に、毎日一定量を巻き上げることが時間の精度を保つうえで大切です。
自動巻きでも、ゼンマイを巻き上げる時は必ずリューズ(画像矢印部分)を使って巻き上げてください。
時計を振って動き出しただけで装着してしまいますと、動力となるゼンマイの巻き上げが十分ではなく正確な精度が出ません。
また、持続時間も短くなります。
※手に持って振ったりしますと故障の原因になる場合があります。
自動巻きのゼンマイには、巻き上げ過ぎてゼンマイに負担が掛かる事のないようにスリップ機構がついており、無制限に巻き上げることができますが、概ね30〜40回を目安として巻き上げてください。
一般的な機械式時計の精度は、±15秒程度以内が機械の許容範囲となっています。
クウォーツや電波時計と異なり、各メーカー、モデル、ムーブメント、等によりバラつきがあり、さらに個体差もあります。
また、ご使用環境によっても大きく左右されます。
その時計自体の許容範囲を超えて、進みや遅れが大きくご使用に支障をきたす場合は、その都度調整が必要になります。
機械式時計は定期的に3〜5年をめどに分解掃除(オーバーホール)が必要になります。
機械式時計は、ご使用されない場合でも油の劣化や変質・乾き等が発生し、そのままご使用頂きますと機械の摩耗や機械に過度な負担が掛かるなどで、部品が損傷し思わぬ故障の原因となる場合があります。

ワインディングマシンをご使用になる場合、機種と時計の相性があり、対応しないものもあります。機種によっては、長時間かけ過ぎますとゼンマイに負担が掛かったり、磁気帯の原因となるなど、時計に悪影響を及ぼす場合がありますので、事前に時計との相性の確認が必要になります。
精密機械ですのでショックには非常に弱い為、機械に衝撃を与えないでください。
衝撃・落下・振動を与えないようにご注意ください。
ジョギングなどの軽い運動程度のショックでは、機械に悪影響はありませんが、キャッチボールやテニス、ゴルフなどで生じるショックは出来るだけ避けてください。
また、機械式時計をつけて、バイク等に乗る時は注意が必要です。バイクの振動が時計に悪影響を与える場合があります。

時計を振ると音がすることが有ります。
自動巻きの場合、ローターの回転音がします。また、メーカーやモデルにより音の種類や大きさが異なります。
ブレスレットの音の場合もあります。
1.自動巻き時計の常識
2.磁気による時計への影響とその他注意点
3.よくある質問 Q&A
4.クロノグラフの常識
5.お手入れについて
6.手巻き時計について
7.クウォーツ時計について

ページトップへ

Copyright (C) 2014 日本レクソン株式会社. All Rights Reserved.