インターネット通販において、 法令を遵守して適正な取引を行う事業者の証として公益社団法人 日本通信販売協会より付与されたマークです。




 
コルム

【コルム】2016年新作、アドミラルズカップコレクション待望のワールドタイマー。 3時の位置の小窓で主要都市名、9時位置の小窓でその時刻を表示します。渡航先では、現地時刻を長針・短針に表示させ、日本の時刻を小窓に表示させると便利。 47ミリのビッグサイズケースにカラフルな船舶旗デザインがアクセントになるのはアドミラルズカップだけ。メカニカルな魅力とファッション性、そして12角形のアドミラルズの力強さも併せ持つ時計です。 (12/29)

ショパール

【ショパール】2016年新作、最先端の技術を誇るショパールの最高級ライン、L.U.Cコレクションのワールドタイマー、 L.U.C タイムトラベラーワン。プラチナの材質に映えるブルーグレーのフェイスは、他のブランドのワールドタイマーでもなかなかお目にかかれないカラー。知性に溢れ、高級感漂う時計です。 同時に表示する時刻は24都市に及び、昼夜はインナーリングの色により一目で区別できます。通好みで知られるL.U.Cの新型ムーブメント搭載。 (12/28)

クロノスイス

【クロノスイス】2016年新作、3Dダイアルが話題のフライング・レギュレーター。 スイスの伝統的なレギュレーター構造をダイナミックにアレンジし、イエローをアクセントに、刺激的なカラーで仕上げられた時計です。 (12/27)

ランゲ&ゾーネ

【ランゲ&ゾーネ】2016年新作、わずか2.9ミリという超薄型ムーブメントに約3日間のロングパワーリザーブを備えたサクソニア・フラッハ 37MM。 この上なく質感の良い文字盤を持ち、シャツの袖におさまる小ぶりの37ミリ径は主張し過ぎないドレスウォッチに最適ですが、袖口からちらりと覗くのは、ドイツの最高峰、ランゲのロゴ。使い込むほど愛着の湧く、一流ブランドの高潔な2針時計です。 (12/26)

ヴァシュロンコンスタンタン 

【ヴァシュロンコンスタンタン 】2016年新作、リュウズひとつで操作が可能なワールドタイム。世界の主要37都市の時間を同時に表示する、 トラベラー御用達ウォッチです。また、このタイムゾーンは、デリーやネパールといった15分・30分単位の時差を持つ地域もカバーしており、まさにグローバル時代に最適な仕様となっています。 耐磁構造、15気圧の強化防水といったハイスペックや、ビジネスシーン・バカンスシーンともにフィットするデザイン、そして肌に馴染みの良いブラウンカラーの文字盤、ワンタッチで交換可能なストラップが2種類付属しているのも魅力です。 (12/22)

ピアジェ

【ピアジェ】2016年新作、ライムライトトノーのニューデザイン。 儚げなローマ数字が針と調和し美しい仕上がり。 やわらかいピンクゴールドの耀きとフェミニンなマザーオブパールが手元を彩ります。また、この時計はピアジェ自社製手巻きムーブメントを備えた、価値ある機械式。 粋なホワイトセラミックがあしらわれたリュウズに添える指先さえもエレガントに見せてくれる、フェミニンなトノー型ウォッチです。 (12/21)

ゼニス

【ゼニス】2016年新作、エルプリメロ36000VPH スケルトン。 全てのカウンター部分をくり抜き、ハードなモノトーンのスケルトン調に仕上げた45ミリビッグサイズのエルプリメロです。ケースも艶消しセラミックで、 カジュアルな印象ですが、クロノグラフカウンターをやや小さめの中央寄せにデザインすることで、伝統のエレガントなゼニスのスタイルはそのまま。 もちろん、ケース裏からも、毎時36000ビートの鼓動を刻む名機、エルプリメロEP400Bを鑑賞することができます。 (12/20)

ゼニス

【ゼニス】2016年新作のゼニスは、人気色、ブルーをベースとしたモデルが豊富です。 ほどよいサイズ感の42ミリ径に、ビジネスシーンにもマッチする高級感のあるブルーのアリゲーター仕様。このシリーズの新たな魅力が発見できる時計です。 エルプリメロ・クロノマスター・1969 (42mm)。 (12/19)

ハリーウィンストン

【ハリーウィンストン】2016年新作、人気のオーシャンデュアルタイムのニューデザイン。稀少な20本限定モデル。 トータル約6.31カラットのバゲットカットダイヤモンドをセッティング。閃光をイメージしたシルバーダイアルに、メッシュのオフセンターダイアルを重ね、立体的な仕上がりです。 文字盤左側の多くを占めるレトログラードはローカルタイム、ラウンドのオフセンターダイアルはデイ&ナイト表示に連動したホームタイム 21世紀のステイタスウォッチとして成功者の手元を飾るハリーウィンストンの時計です。 (12/16)

フレデリックコンスタント

【フレデリックコンスタント】2016年新色のカレ。手元のアクセントになる人気色・ダークネイビーはビジネスシーンにもベストマッチ。 ステッチの効いた、同色のストラップも洒落感たっぷりです。28800振動のビートを視覚的にも感じ取ることができるハートビート。気軽な普段使いの時計として愛されるフレデリックコンスタントの時計です。 (12/15)

ジャガールクルト

【ジャガールクルト】2016年新作、マスター・コンプレッサー・クロノグラフ・セラミックのニューダイアル。お馴染みのコンプレッションキーでリュウズ操作のロック/解除を行うマスター・コンプレッサー。ブルーと白のマーカーで、ロック解除の状態かロック時かを判別することができます。高度な技術に裏打ちされたジャガールクルトのスポーツモデル。がっちりとした大型ケースですが、 奇を衒わないジャガールクルトのデザインは、幅広いシーンにマッチするように考案されており、長く愛用できる時計です。 (12/13)

クロノスイス

【クロノスイス】2016年新作、フライング・レギュレーター マニュファクチュール。 まるで宙に浮いているかのように見えることから名づけられた「フライング・レギュレーター」。この3Dダイアルを備えた時計には、クロノスイスのマニュファクチュールキャリバー C. 122が搭載されています。 時は12時位置、分はセンター針で表示し、それぞれ独立した構造。伝統のコインエッジはケースサイドに僅かに残し、ポリッシュベゼルを採用。スイスの伝統的なレギュレーター構造をダイナミックにアレンジし、現代的なフォルムに仕上げられた時計です。 (12/12)

フレデリックコンスタント

【フレデリックコンスタント】新作、一見トゥールビヨンウォッチのようなバランスのデザインが好評の、ハートビート マニュファクチュール。 この時計に搭載されているフレデリックコンスタント自社製ムーブメントFC-945は、他の一流ブランドもこぞって採用しているシリシウムガンギ車とアンクルを使用しています。 人気の高いムーンフェイズやスイスの伝統的なポインターデイト、昼夜が一目でわかる24時間計を備えたプチコンプリケーションをリーズナブルな価格で実現しています。 (12/9)

エポス

【エポス】新作、オリジナル・スケルトンのメッシュブレスレットモデル。 ローターにまで施されたスケルトン加工で実現した両面スケルトンの自動巻。外円に残した文字盤からーは若々しい印象のグレー。伝統的なスイス時計の芸術的な美しさを讃えています。 お手頃価格で機械式スケルトンが楽しめるのはエポスならでは。手首への負担が少ないメッシュ状のブレスレットは装着感もよく好評です。 (12/8)

ブレゲ

【ブレゲ】2016年新作、女性のためのムーンフェイズ、クラシック・ムーンフェイズ レディ 9087。プレーンベゼルで、お求めやすい価格帯です。 ペアシェイプをブレゲ針の先端にあしらい、秒目盛にはユリの花が描かれ 愛らしい香りも漂わせるプチコンプリケーション。また、文字盤は、レディースモデルには珍しい、高級素材、グラン・フーと呼ばれるホワイトエナメル。 ローズゴールドとのコントラストが美しい、ホワイトのストラップ仕様です。小さめのケース径で、手首の細い女性にもフィットします。 (12/7)

コルム

【コルム】2016年新作、このオープンワークのスモーキーな文字盤が印象的なアドミラルズカップは、3時の位置の小窓で主要都市名、9時位置の小窓でその時刻を表示するワールドタイム機能を備えています。 47ミリのビッグサイズケースにカラフルな船舶旗デザインがアクセントになるのはアドミラルズカップだけ。メカニカルな魅力とファッション性、そして12角形のアドミラルズの力強さも併せ持つ時計です。(12/5)

ドゥグリソゴノ 

【ドゥグリソゴノ】イタリア語で「元気な」「陽気な」といった意味をもつ「アレグラ」。 レッドのコードレザーがキュートで、また、独特のカラーリングがちょっぴり官能的でもあります。スクエアのフェイスはきちんとした印象になるのも魅力。 また、リュウズにはグリソゴノのシンボル、ブラックダイヤが一粒。人とは違う時計でお洒落を楽しむのがグリソゴノのコンセプトです。 (12/2)

ウルベルク

【ウルベルク】2016年新作、騎士の鎧からインスパイアされた独創的なケース。ケース裏をコントロールボードとし、 FULL-RED-STOPのインジケーターでメインスプリングの状態を表示し、巻き上げを行うタイミングを知らせる機構を備えています。また、このモデルには、ウルベルクの創設者のゴールドへのオマージュが込められています。 赤みの強いレッドゴールドのベゼルにはペルラージュと呼ばれる美しい彫模様が施されており、圧倒的な存在感を誇ります。 (12/1)

ページトップへ




Copyright (C) 1998-2017 日本レクソン株式会社. All Rights Reserved.
日本レクソン株式会社ロゴ
YouTube BLOGS FACEBOOK TWITTER WEIBO INSTAGRAM
▼こちらからも当サイト内が検索できます。