アンダー40ミリ。

大型化する一方だった時計も、近年、紳士の40ミリ以下のモデルが続々登場しており、特に日本を中心としたアジア市場では新たなトレンドとなっています。

 

ジャケドロー J006010270 グラン・セコンド オフセンター オニキス (39mm) 

スマートなドレスウォッチ。小さめがお洒落です。

ブレゲ 5177BR/15/9V6 クラシック 5177(38mm)

定番ブレゲのクラシック。このサイズなら一生もの。

ジラールペルゴ  81005-11-431-11A  ロレアート38MM

スポーツモデルにも38ミリ。着用感もよく、実用的です。無理のないサイズでほどよい主張がお洒落。

 

 

クッション型

パテック・ヴァシュロンなどの超一流ブランドから、ファッションリーダーであるカルティエをはじめ、クッション型モデルが増え続けています。

近年世界的に続くファッション界のキーワード、ヴィンテージ・レトロといった流れを汲んでいるようです。

お洒落感度の高い印象になるケースフォルム。

ラウンド・レクタンギュラー・オーバルなどに続く新たな定番です。

 

ヴァシュロンコンスタンタン  7805S/000G-B155  ハーモニー・デュアルタイム・スモールモデル

 

カルティエ WJCL0011  クレ ドゥ カルティエ ウォッチ(40mm)

ピアジェ G0A42002  ピアジェ・ポロS クロノグラフ 世界限定888本

パネライ PAM00652 ルミノール1950 PCYC レガッタ 3 デイズ クロノ フライバック オートマティック チタニオ 47MM

 

レディースの機械式時計

クォーツ発祥の国、日本では、特に女性には手軽なクォーツ時計が人気ですが、世界的に時計大好き女子が好むのは機械式。

 

機械式時計のお膝元、スイスやドイツは女性の体格も我々アジアとは大きく異なることもあり、メンズライクな機械式時計をデイリーに身に着けている女性を多く見かけます。

2016年、2017年の新作は、細い方でも手首への負担なく着用できる小さめサイズの機械式が続々登場。

元々、マニュファクチュールであるショパールからは、

 

インペリアーレ 29MM オートマティックhttp://www.lexson.co.jp/shopbrand/chopard_ladies_imperiale/

ハッピー スポーツ 30MM オートマティックhttp://www.lexson.co.jp/shopbrand/chopard_ladies_happysportauto/

 

キングオブダイヤモンド、ハリーウィンストンからは、

ミッドナイトシリーズ29ミリ、自動巻き。http://www.lexson.co.jp/shopbrand/harrywinston/

 

時計のトレンドを引っ張るカルティエにもレディースの機械式が次々と登場していることから、現在、本流となっているのは間違いありません。

 

 

レディースのムーンフェイズ付き時計

レディースのムーンフェイズ付き時計は女性ファッション誌でも特集が組まれるほど人気急上昇中。

月の満ち欠けを表示する複雑機構ですが、何といってもそのロマンティックなデザインが魅力です。

元々は機械式時計に搭載されることの多いムーンフェイズですが、日本人女性に人気のクォーツモデルにも、2017年新作が続々登場しています。

 

ハリーウィンストン AVCQMP16RR002 HWアヴェニューC ミニ ムーンフェイズ

 

 

ゼニス 16.2330.692/01.C714 エリート・レディ・ムーンフェイズ 33MM 

 

IWC IW459308 ダ・ヴィンチ オートマティック ムーンフェイズ 36

 

ボーム&メルシエ M0A10329 クラシマ レディ ムーンフェイズ(31.5mm)

ムーブメント振動音の聞き比べ。( 音声を ON にしてご覧ください。)

ムーブメント振動数の音の聞き比べ。

(音声を「ON」にしてご覧ください。)

<1>

18,000振動/時(2.5Hz)です。

 

モーリスラクロア/マスターピース・スクエアホイール

Ref:7158-SS001-101-1

自社製「ML156」は、HEARCと共同で開発し自社製造の手巻きムーブメントです。

四角い歯車とクローバー型の歯車がかみ合い回転する、その魅惑的な動きをするスモールセコンドが特徴です。

 

<2>

21,600振動/時(3Hz)です。

 

ブレゲ/トラディション

Ref:7027BB/G9/9V6

自社製の「507DR」は、2006年ブレゲ社が初めて開発したシリコン製のテンプと脱進機を搭載した手巻きムーブメントです。

 

 <3>

28,800振動/時(4Hz)です。(高速振動/ハイビート)

 

IWC/ポートフィノ・ハンドワインド・8デイズ

Ref:IW510103

新開発の「59210」手巻きの自社製ムーブメントです。

8日間のパワーリザーブ。192時間正確に作動するエネルギーを備えています。

現在時計業界で最も多く採用されている高速振動数です

 

 <4>

36,000振動/時(5Hz)です。(高速振動/ハイビート)

 

ゼニス/エルプリメロ・クロノマスター1969 ローリングストーンズ世界限定モデル100本

Ref:18.2041.4061/77.C494

自社製の「エル・プリメロ4061」自動巻ムーブメントです。

「エル・プリメロ4061」は、ゼニスの代名詞とも言われる“エル・プリメロ”、1969年に発表された、自動巻き一体型クロノグラフムーブメント「エルプリメロ1961」を基に製造開発されました。

高振動と50時間のロングパワーリザーブを有しています。

 

<5>

72,000振動/時(10Hz)です。(高速振動/ハイビート)

 

ブレゲ/クラシック・クロノメトリー

Ref:7727BB/12/9WU

自社製の「574DR」手巻きムーブメントです。

2013年に発表された「574DR」はダブルヘアスプリング、アンクル、ガンギ車などがすべてがシリコン素材で作られています。

時計に悪影響を及ぼす磁気を自在にコントロールできるマグネティックピボットが組み込まれています。

高振動とロングパワーリザーブ(60時間)を有しています。

スケルトン・スケルトン・スケルトン

スケルトン仕様は、もともとスイス時計の伝統的な手法ですが、このところ、かなりの勢いで新作が登場しています。

文字盤を透明にし、ムーブメントを止める基盤をそぎ落とす、という作業をするのですが、内部が全てが見えてしまうので、部品ひとつひとつ磨きを書け、そぎ落とした部分には仕上げを施します。

熟練の技を必要とし、その労力がコストに結びつくため、スケルトンではない、同機能の時計と比較しますと高額になります。

修理の際も同様、メーカー以外の時計修理会社の中には、こういったスケルトン時計の修理はお断りというところもあります。

 

 

高額時計で有名なところでは、まずリシャールミル。

ブラックスケルトンの流行をリードしているといってもよいでしょう。

リシャール・ミル RM 029 オートマティック・ビッグデイト

 

コルムのゴールデンブリッジもインパクト大のモデルが続々登場。

コルム  B113/03010  ゴールデンブリッジ ラウンド

 

 

ユリスナルダンの新作も、その洗練されたデザインで人気が出そうです。また、トゥールビヨン機構ながら魅力的な価格帯です。

ユリスナルダン 1713-139 エグゼクティブ スケルトン トゥールビヨン

レトロ感がトレンド

アパレル同様、ヴィンテージ、レトロ、アンティーク風といった新作が続々出ています。

近未来的な時計と逆行するようなテイストで、とてもお洒落に見えます。

モンブラン 113702 モンブラン 1858 マニュアル スモールセコンド

ミネルバを傘下したモンブランが、同ブランドの雰囲気たっぷりに仕上げたコレクションです。コブラのような針が特徴的。

ヴァシュロンコンスタンタン 4000S/000R-B123  ハーモニー・コンプリートカレンダー

前年度の限定モデルから定番へシフト。122年毎に一度の修正で済む、極めて正確なムーンフェイズを備えています。

ジャガールクルト Jaeger LeCoultre Q3264520 レベルソ・ワン・コルドネ

アールデコ時代の貴婦人の時計のようなデザインですが、今やモード感たっぷり。

グラスヒュッテオリジナル 1-03-01-08-06-14 パボニーナ

ラテン語で「孔雀」を意味する「パボニーナ」。お洒落なブレスレット。気品溢れる佇まいと羽の美しさを表現したクラシカルウォッチです。

 

 

 

 

ワールドタイマー

ワールドタイム表示機能を備えた時計。

グローバル時代を象徴するかのようにここ数年でとにかく増えました。

スマホのローミング機能が当たり前の今日この頃ですが、電波の届かないところでもチクタク働いてくれるアナログ時計が愛しく感じられます。

定番、パテックのワールドタイマー。新デザインは2トーンでメリハリのある文字盤。

続いてはヴァシュロン。スポーツモデル、オーヴァーシーズでは初のワールドタイムです。

そしてブレゲ。従来の世界地図モチーフの文字盤に加え、小窓に都市名を表示させるタイプが新たに登場。

 

大人のマリーンカジュアル、コルムのアドミラルズ からもついに登場。

 

ショパールの最高峰、LUCからもクールなワールドタイマーがでました。

最後に、伝統のスイス機械式時計をお手頃価格で提供するフレデリックコンスタントの新作ワールドタイマー。